密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律とは?

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律とは?

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律というのは、
平成9年に制定された法律です。

 

この密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律の目的は、
阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、
大規模地震時に市街地大火を引き起こす等、
防災上危険な状況にある密集市街地について、

 

次のようなことを図るため、
密集市街地の整備を総合的に推進することにあります。

 

■防災機能の確保
■土地の合理的かつ健全な利用

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律の内容は?

密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律では、

 

次のようなことを柱に、
計画的な再開発を促進するよう定めています。

 

■延焼防止上危険な建築物の除去、耐火建築物等への建替えの促進

 

■地区の防災性の向上を目的とする、防災街区整備地区計画の創設

 

■地域住民による市街地整備の取り組みを支援する仕組みの構築等

罰則とは?

宅建業法に違反した場合には、
行政処分とは別に罰則の規定が適用されるものがあります。

 

ちなみに、宅建業法79条以降には、
懲役、罰金、および過料の罰則が定められています。

具体的には?

具体的には、
宅建業者の従業者等が違反行為をしたときは、
その従業者等が罰せられます。

 

また、その従業者等を雇用していた宅建業者も罰せられます。

 

ただし、
宅建業者が従業者等の違反行為を防止するために、

 

その業務に対して
相当の注意と監督を尽くしていたことが
立証できる場合には罰せられません。

 

スポンサーリンク