保証委託契約とは?

保証委託契約とは?

保証委託契約というのは、
指定保証機関と売主である宅建業者との間で、

 

宅建業者が、
受領した手付金等の返還債務を負うことになった場合に、

 

その指定保証機関が
その債務を連帯して保証することを委託する契約のことをいいます。

保証委託契約の内容は?

保証委託契約の内容は、次のようなものです。

 

■保証債務が、少なくとも宅建業者が受領した手付金等の返還債務の
全部を保証するものであること。

 

■保証すべき手付金等の返還債務が、少なくとも宅建業者が受領した手付金等
に係る宅地や建物の引渡しまでに生じたものであること。

保証委託契約約款とは?

手付金等の保全を行う指定保証機関は、
保証事業を行う際に、

 

売主である宅建業者との間で
保証委託契約を結ばなければなりません。

 

この契約の内容を統一するために、
宅建業法施行規則23条において、

 

保証委託契約約款として
少なくとも定めるべき事項が規定されています。

 

スポンサーリンク