登記事務のコンピュータ化とは?/虚偽登記防止の対策は?

登記事務のコンピュータ化とは?@

登記事務のコンピュータ化というのは、
次のような登記事務処理の迅速化や適正化を図るために、

 

昭和63年の不動産登記法の改正によって、
法務大臣の指定する登記所において、

 

登記情報がコンピュータで処理されることとなり、
移行作業が順次進められています。

登記事務のコンピュータ化とは?A

■登記簿の改ざん防止

 

■増大する謄抄本の交付請求への対応...など

コンピュータ処理の内容は?

コンピュータによる処理の内容としては、次のようなものがあります。

 

■登記簿の情報を電磁的に記録(コンピュータ登記簿)し、
コンピュータ登記簿から謄抄本に代わる書面(登記事項証明書)を発行します。

 

■登記申請があった場合に、権利変動をコンピュータ登記簿に書き込みます。
⇒ ブックレスシステム

 

スポンサーリンク

虚偽登記防止の対策は?

法は、虚偽の登記申請に基づく虚偽登記防止のため、
次のようなものを採用しています。

 

■当事者申請主義
原則的に当事者からの申請や、官公署の嘱託を要請するのは、
当事者申請主義の表れです。

 

■書面申請主義
方式を具備した書面を要請する書面申請主義には例外はありません。

 

■共同申請主義
共同申請主義によって、利害の対立する登記権利者と登記義務者からの申請を原則とし、
一方の当事者がしらないままに登記がなされるのを防いでいます。

 

なお、受付順位の保持のために、
権利の登記については、当事者出頭主義を採用しています。

 

スポンサーリンク