双方代理とは?

双方代理とは?

双方代理というのは、
同一人が契約当事者双方の
それぞれの代理人になることをいいます。

 

なお、原則として、双方代理は禁止されています。

なぜ双方代理は禁止されているのですか?

双方代理が禁止されているのは、
事実上、代理人が自分ひとりで契約をすることになり、
本人の利益が不当に害されるおそれがあるからです。

 

ただし、双方代理の禁止というのは、
強行法規ではないので、
本人があらかじめ同意した場合には許されます。

本人の同意のない双方代理は?

本人の同意のない双方代理は、
無権代理となりますので、
本人が追認しなければ本人に対して効力を生じません。

 

なお、登記の申請等の債務の履行については、
本人の同意がなくても許されます。

重説とは?

重説というのは、
重要事項説明や重要事項説明書の略です。

 

スポンサーリンク