専任の取引主任者とは?

専任の取引主任者とは?@

宅建業者は、その事務所ごとに、
その業務に従事する者の数※に応じて、
5名につき1名以上、

 

国土交通省令で定める場所にあっては、
1名以上の成年者である専任の取引主任者を
置かなければならないことになっています。

専任の取引主任者とは?A

ちなみに、
他の事務所とのかけ持ちや、会社員等他の職業を持つ人は、
専任の取引主任者とはなり得ません。

 

※営業従事者のほか、宅地建物取引業に係る一般管理部門に属する者や、
補助的事務に従事する者で、臨時雇いではない者を含みます。

専任の取引主任者の「専任」とは?

専任というのは、
もっぱらその事務所に常勤し、
通常の営業時間に執務している状態のことをいいます。

 

よって、他の事務所とのかけ持ちや、
会社員等他の職業を持つ人は、
専任の取引主任者とはなり得ません。

役員が宅地建物取引主任者の場合は?

役員が宅地建物取引主任者の場合には、
その役員は、自ら主として業務に従事する事務所については、
専任の取引主任者とみなされます。

 

スポンサーリンク