事務所の留意点は?

事務所とは?@

事務所は、
宅地建物取引業の免許制度においては重要な意味を持ちます。

 

ちなみに、宅建業法上の事務所というのは、
次のようなものとされています。

事務所とは?A

■本店または支店
商人以外の者の場合には、主たる事務所または従たる事務所

 

■上記のほか、継続的に業務を行うことができる施設を有する場所で、
宅地建物取引業に係る契約を締結する権限を有する使用人を置くもの

事務所の留意点は?

実務上の事務所の留意点としては、次のようなものがあります。

 

●商業登記簿上の本店は、
必ず主たる事務所として取り扱われますので、

 

類似商号等との関係で、
社長の自宅等を本店として登記した場合でも、

 

社会通念上は、
事務所として認識される程度の形態を備えなければなりません。

 

●登記簿上の本店で、宅地建物取引業を営んでいない場合でも、
必ず専任の宅地建物取引主任者を置くとともに、
営業保証金も供託しなければなりません。

 

●移動の容易な施設※は、事務所とは認められません。

 

※テント張りの案内所等

 

●事務所は、お客の出入りが容易な
建築物内に設けなければなりません。...など

 

スポンサーリンク