指定流通機構とは?

指定流通機構とは?

指定流通機構というのは、
平成2年に宅建業者間で広く、かつ、迅速に物件情報を交換し、
契約の相手方を探索する仕組みとして、
指定流通機構制度が発足し、

 

全国で37の流通機構が
建設大臣(現・国土交通大臣)により指定されたものです。

指定流通機構の義務とは?

指定流通機構制度の不動産取引への活用を図るため、
専属専任媒介物件は宅建業法により、

 

専任媒介物件は標準媒介契約約款により、
指定流通機構への物件登録が義務づけられています。

平成7年の業法改正とは?

平成7年の業法改正は、
より広範かつ多数の物件情報を取引関係者が共有することにより、

 

取引の一層の拡大と、
不動産取引市場の透明化を図る必要が生じたため
行われたものです。

 

これによって、
専任媒介物件についても登録が義務づけられ、
指定流通機構の法的位置づけも明確になりました。

 

なお、平成9年より、
次の全国4組織の流通機構が、

 

建設大臣(現・国土交通大臣)の許可・指定を受け、
法人格を有する組織として発足しています。

 

■東日本不動産流通機構
■中部圏不動産流通機構
■近畿圏不動産流通機構
■西日本不動産流通機構

 

スポンサーリンク