ローン契約時の印紙税は?

印紙税とは?

印紙税は、マイホームの契約時にかかる国税で、
郵便局などで売っている収入印紙を契約書に貼って
印鑑で消印することで納める税金です。

 

ちなみに、印紙税には軽減措置はありません。

印紙税が必要な書類は?

印紙税は、次のような書類に必要となります。

 

■マイホームを購入するときに結ぶ売買契約書
■マイホームを建てるときに工務店などと結ぶ工事請負契約書
■銀行などから住宅ローンを組むときに結ぶ金銭消費貸借契約書

 

なお、契約書を買主と売主に1通ずつ作成する
というように複数作成する場合には、
それぞれに印紙を貼る必要があります。

印紙税の税額は?

印紙税の税額は、契約書の種類や記載金額によって以下のように決められています。

 

記載金額 工事請負契約書 売買契約書 住宅ローンの契約書
1万円未満 非課税
10万円以下 200円 200円
10万円超50万円以下 400円 400円
50万円超100万円以下 1,000円 1,000円
100万円超500万円以下 2,000円 2,000円
500万円超1,000万円以下 1万円
1,000万円超5,000万円以下 1万5千円 2万円
5,000万円超1億円以下 4万5千円 6万円
1億円超5億円以下 8万円 10万円
5億円超10億円以下 18万円 20万円
10億円超50億円以下 36万円 40万円
50億円超 54万円 60万円
契約金額の記載のないもの 200円

 

ちなみに、印紙を貼らなかったり、
所定の金額に満たなかったりした場合には、
所定の印紙税の3倍の過怠税が課されますので注意してください。

 

スポンサーリンク