諸費用の支払時期は?

諸費用はいつ支払うのですか?@

諸費用の支払い方というのは、
不動産会社によっても異なりますが、

 

新規分譲住宅の場合は
契約時に諸費用の概算額をひとまとめにして払い込み、
金額が確定した段階で、後日精算するというケースもあります。

諸費用はいつ支払うのですか?A

ただし、すべての不動産会社が
概算額を一括で支払う方式をとっているわけではありませんし、

 

仲介会社を通じて購入する場合では
その都度支払うケースも多いです。

 

多くの人は、まとまったお金を
定期預金などに預けていると思われますので、

 

その満期日なども考慮して、
支払時期と金額をある程度把握しておくことは大切です。

 

諸費用の支払時期としては、
次のようにおおよそ4段階に分けられます。

 

■売買契約時
■住宅ローンを借りるとき
■登記時
■入居後

売買契約時の諸費用の支払いは?

売買契約を結ぶときには、契約書に貼る印紙代がかかります。

 

また、仲介会社を通じて買った場合には
仲介手数料を支払うことになりますが、

 

このときに半額を払い決済時に残金を支払う場合や、
決済時に全額を支払うケースもあります。

 

スポンサーリンク

住宅ローンを借りるときの諸費用の支払いは?

金融機関との間で金銭消費貸借契約書を取り交わすときに、
次の費用等が必要です。

 

■ローン保証料
■印紙代
■事務手数料
■火災保険料

 

さらに、抵当権を設定するための登記費用として、
次の費用も必要です。

 

■登録免許税
■司法書士に支払う報酬

登記時の諸費用の支払いは?

ここでの支払いは、
上記の抵当権の設定とは別にかかる登記費用になります。

 

土地と建物の所有権登記の際の
登録免許税と司法書士などに支払う報酬です。

 

新築住宅では
表示登記の費用が必要なケースもあります。

入居後の諸費用の支払いは?

入居後は以下のような諸費用がかかります。

 

■不動産取得税
■今後毎年納めることになる固定資産税や都市計画税
■引越し費用
■新居に設置する家具やカーテン
■調度品などの購入費用
■中古住宅の場合はリフォーム工事費用

 

スポンサーリンク