繰り上げ返済、住まいの形態に対応したものは?

繰り上げ返済の利便性にこだわったものは?@

繰り上げ返済の便利さにこだわった住宅ローンとしては、
返済口座の残高を指定しておくと、

 

それを超える入金が行われた場合には、
自動的に繰り上げ返済が行われるというものがあります。

繰り上げ返済の利便性にこだわったものは?A

さらに、
繰り上げ返済手数料は無料で、

 

繰り上げ返済の額は
1万円以上1円単位ときめ細かくなっています。

住まいの形態に注目したものは?

借りる人の事情だけでなく、
住まいの形態に応じた住宅ローンも多様化しています。

 

具体的には、東京都では
住宅の環境性能表示を進めていて、
建物について以下の4項目を3段階で評価しています。

 

これは、この評価基準を参考に、
各項目の評価レベルが1段階上がるごとに
金利の優遇幅を拡大していくというものです。

 

■断熱性
■長寿命化
■省エネ設備の導入
■緑化

 

ちなみに、電力会社やガス会社と提携して
金利を優遇するケースもあります。

 

具体的には、
各社が普及を促進している以下のものを導入した住宅では、
低い金利が適用されるというものです。

 

■家庭用燃料電池
■温水床暖房
■給湯冷暖房システム
■ガス発電

 

スポンサーリンク