ライフスタイル、万一に備えた住宅ローンは?

ライフスタイルや働き方に対応したものは?@

以前の民間金融機関の住宅ローンというのは、
固定金利が変動金利か、借りられるか借りられないか、
くらいしか選択肢がなかったのですが、

 

最近は自分のライフスタイルや働き方にあった住宅ローンを選択して、
マネープランを立てられるようになりました。

ライフスタイルや働き方に対応したものは?A

具体的には、少子高齢化を反映して
子供がいない共働き夫婦(DINKS)や女性を対象にした商品が登場し、
子供を出産するごとに金利を優遇するなどの特典をつけています。

 

たとえば、共働きを夫婦を対象にしたものでは、
給与振込みやクレジットカードの申し込みなどをすると
年0.9%の金利が優遇され、

 

さらに子供の数に応じて
0.1%ずつ金利を引き下げていくものなどがあります。

 

また、働き方に対応したものとしては、次のようなものがあります。

 

■派遣や契約社員でも、一定の条件を満たしていれば、
正社員とほぼ同等の条件で借りられる住宅ローン。

 

■配偶者や同居家族がパート勤務でも、その収入を合算して
借入額の上限を引き上げることができる住宅ローン。

もしものときに備えたものは?

従来ですと、万一のときのために
団体信用生命保険に加入するのが一般的でした。

 

団体信用生命保険というのは、返済不能になったときに、
生命保険会社がローンの残債を一括返済するというものですが、

 

これですと、本人が死亡するか
高度障害に見舞われるかに限られていました。

 

しかしながら、最近では、
がんと診断された場合に全額免除になる
「がん保障」
を付けるケースや、
「三大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)」
までをカバーするものも登場しています。

 

スポンサーリンク