元利均等返済の未払い利息のリスクとは?

変動金利型の返済方法は?

変動金利型においては、
一般的には元利均等返済を採用しています。

 

変動金利型のローンでは、
毎回の返済額は5年間変わらないものの、

 

金利の見直しが4月と10月の年2回行われ、
元金と利息の内訳を調整する仕組みとなっています。

元利均等返済の変動金利型に潜んでいる未払い利息のリスクとは?

上記の返済方法の場合、
急激な金利上昇があると、

 

新たな利息の額が
毎回の返済額を超えてしまうことがあるのです。

 

そうなると、
その月の返済はすべて利息分に充てられるうえに、

 

超えた分については「未払い利息」として、
次回の返済に繰り越されることになってしまうのです。

 

当然ですが、
その間は元金部分は一切減少しません。

未払い利息のリスクに備えるにはどうしたらよいでしょうか?

未払い利息のリスクに備えるには、
次のような方法によって、
未払い利息が発生するリスクを小さくしておくことが重要です。

 

■一部繰り上げ返済をして元金を減らす。

 

■変動金利型のローンの場合は、借入金額をできるだけ少なくする。

 

■返済期間を短くして早期に返済する。

 

スポンサーリンク