返済期間と総返済額の関係は?/資産価値の高いマンションとは?

返済期間を長くしたり短くしたりすると総返済額はどう変わるのですか?

住宅ローンの返済期間は長くすると
総返済額は増えますので、

 

できるだけ返済期間を短くすることで
総返済額を少なくすることが可能になります。

住宅ローン利用者の傾向としては?

同じ金額の住宅ローンを組むのであれば、
返済期間を長期にしたほうが毎月の返済額は少なくなります。

 

また、返済を長期にすると、返済に余裕が出てくるだけでなく、
「月収が毎月返済額の○倍以上」
といった、
金融機関の収入基準も満たしやすくなるので、
借りられる金額も多くなります。

 

このため、住宅ローン利用者は、月々の返済負担をできるだけ軽くしようと、
長期返済にする傾向にあるようです。

返済期間を短期にするメリットは?

返済期間を長くすると、毎月の返済額は少なくなりますが、
期間が長い分、利息の負担が増え、
最終的には総返済額は多くなってしまいます。

 

よって、長い目で見た場合には、
短期返済のほうが有利ということがいえます。

資産価値の高いマンションとはどのようなものですか?

資産価値の高いマンションを見る指標の一つに
「マンションPER」
というものがあります。

 

この「マンションPER」という指標は、
そのマンションを賃貸に出した場合には、
何年で元が取れるのかというのを次の計算式から求めるものです。

 

⇒ マンションPER = マンション購入価格 ÷ (想定賃料 × 12)

 

上記の数値が低いほど、資産価値は高いと考えられています。

 

スポンサーリンク