変動金利型のメリット・デメリットは?

変動金利型とは?@

変動金利型というのは、
金融情勢の変化によって返済中に金利が変わります。

 

一般的に変動金利型の借入当初の金利は、
固定金利型と比較して低めに設定されていますが、
返済額が5年ごとに変わるので、返済計画は立てにくくなります。

変動金利型とは?A

民間金融機関の多くでは、
金利上昇時のリスクを避けるため、
基本タイプとして変動金利型を採用してます。

変動金利型の特徴は?

変動金利型の特徴としては、次のようなものがあります。

 

●金利の見直しは年2回行われますが、返済額は変わらず、
元金と利息の内訳が調整されます。

 

●返済額が変わるのは5年に一度で、
旧返済額の1.25倍以上には上昇しません。

変動金利型のメリット・デメリットは?

変動金利型のメリット・デメリットは、次のようなものです。

 

■変動金利型のメリット
・借入当初の金利は低めに設定されています。

 

・借入後に金利が下がると、元金分の減少につながります。

 

■変動金利型のデメリット
・低金利の時期に住宅ローンを組むと、その後の金利上昇によって
返済額が増えてしまいます。

 

・将来の返済額が不確定です。

 

スポンサーリンク