固定金利型のメリット・デメリットは?

固定金利型の種類は?@

固定金利型には以下のようなタイプのものがあります。

 

■フラット35・財形住宅融資
フラット35の「完全固定型」は、借入時に決められた金利が返済終了時まで
変わらないタイプで、財形住宅融資の場合は5年固定型となっています。

固定金利型の種類は?A

■民間融資
民間融資では、一定期間固定金利型を選ぶことができる「固定金利選択型」
も設けられています。

固定金利型のメリット・デメリットは?

固定金利型のメリット・デメリットは、次のようなものです。

 

■固定金利型のメリット
・返済中に金融情勢の変化によって金利の上昇があっても、返済額に影響がありません。

 

・完済までの金利が決まっているので、返済計画が立てやすいです。

 

■固定金利型のデメリット
・金利が高い時期にローンを組むと、その後の金利低下のメリットが受けられなくなります。

金利上昇時代は固定金利型がよいのでしょうか?

現在は、金利がじわじわと上昇しつつありますので、
変動金利型ですと、
金利の上昇とともに返済額も増えてしまいます。

 

今、選択するのであれば、
将来の金利上昇の影響を受けない固定金利型のほうが、
変動金利型よりも安心であるといえます。

 

スポンサーリンク