ローン返済中の繰り上げ返済と条件変更

住宅ローンの見直しとは?

住宅ローンの返済については、
時々見直してみることが大切です。

 

特に長期のローンを組んだり、
短期の固定金利選択型や変動金利型を選択した人は、

 

積極的に繰り上げ返済や条件変更によって、
ローンを軽減させることを考えるようにしたいところです。

繰り上げ返済について

繰り上げ返済は、一定のまとまったお金を
毎月返済とは別にまとめて返済することで、

 

返済期間を短縮する「期間短縮型」と
毎月返済額を軽くする「返済額軽減型」の2つのタイプがあります。

 

民間金融機関なら一般に50万円、
フラット35なら100万円から可能です。

繰り上げ返済のメリットは?

繰り上げ返済のメリットとしては、次のようなものがあげられます。

 

■繰り上げ返済をした金額分の利息が不要になるので、
総返済額が軽減されます。

 

■実行時期が早いほど、利息軽減効果は大きくなります。

 

スポンサーリンク

繰り上げ返済の手数料は?

繰り上げ返済はどの金融機関でも行うことができますが、
一定の手数料がかかります。

 

フラット35や一部の金融機関では
手数料が無料の場合もありますが、
一般に民間融資の場合は5,150円〜52,500円程度かかります。

条件変更について

条件変更というのは、
生活の変化に伴い住宅ローンの条件を変更することですが、
フラット35で利用できます。

 

当初のローン条件の変更方法としては、次のようなものがあります。

 

■返済期間を縮める。
■返済期間を延ばして、しばらく返済額を減らす
■ボーナス返済分を減らす。
■元利均等返済から元金均等返済へ

 

なお、返済期間を延ばしたり、返済額を軽くする変更の場合には、
総返済額が増えることになりますので注意が必要です。

条件変更のメリットは?

条件変更のメリットとしては、次のようなものがあります。

 

■急な収入減や失業などに対応できます。
■無理な返済を適正な形に修正できます。

 

スポンサーリンク