マイホーム購入後の支出とは?/税金、メンテナンス費用...

マイホーム購入後の支出には

どのようなものがありますか?

 

マイホーム生活が始まると住宅ローンの返済も始まります。

 

入居後、住宅ローン以外に必要なお金には、
大きく分けると次の2つがあります。

 

■税金
■メンテナンス費用

 

なお、住宅ローン契約時に
団体信用生命保険に加入していれば、
その保険料の支払いも必要です。

 

税金とはどのようなもののことですか?

 

マイホームの所有者は、次のような
毎年固定資産税、都市計画税という税金を納める必要があります。

 

■固定資産税
税額=固定資産税評価額※×1.4%

 

※市区町村によって決められるその不動産の評価額です。

 

■都市計画税
税額=固定資産税評価額×0.3%

 

なお、建物、土地それぞれに軽減措置がありますが、
新築住宅に対する固定資産税の軽減措置には
期限があるので注意が必要です。

 

メンテナンス費用とは

どのようなもののことですか?

 

メンテナンス費用については、
次のようにマンションと一戸建てでは異なります。

 

<マンションのケース>
■管理費
・共用部分の日常的な維持・管理のために「管理費」を毎月支払います。

 

・管理費は月10,000円〜15,000円程度です。

 

■修繕積立金
・定期的な設備の点検やメンテナンスのために「修繕積立金」を納めることになります。

 

・修繕積立金は月5,000円〜10,000円程度が一般的です。

 

■駐車場の使用料

 

■専有部分の維持・管理は個人で行います。

 

<一戸建てのケース>
■特に決まった支払いはありませんが、定期的な点検やメンテナンスの費用は、
すべて自分で負担する必要があります。

 

■一般的には、10年間で100万円程度必要といわれています。

 

■ある程度計画的にメンテナンスを行っていかないと、建物の寿命が短くなってしまい
将来の資産価値の大きく影響します。

 

スポンサーリンク