連帯債務者の責任とは?

連帯債務とはどのようなものですか?

 

連帯債務というのは、同一の債務について、
各自がそれぞれ独立して
全責任を負い債務を履行する方法をいいます。

 

この場合、その中の一人が債務を返済すれば、
他の債務者の債務は削減されます。

 

ただし、共有持分などによって
債務の負担が決まっているような場合には、
共有持分の部分での債務履行になりますので、

 

それ以上の債務を負担した場合は、
他の債務者に対して負担した部分の請求(求償権)をすることができます。

 

具体的には、借主と連帯債務者が
所有権を1/2ずつ共有しているケースでは、

 

借主が返済できないときは
連帯債務者が全額債務を支払えば、
借主に対して1/2の債権を請求することが可能です。

 

住宅金融支援機構の融資で

連帯債務が必要になる場合は?

 

次のような場合には、
住宅金融支援機構の融資で連帯債務が必要になります。

 

■共有にする場合
■親子リレー返済を利用する場合
■収入合算をする場合

 

ちなみに、住宅ローンを申し込む段階で、
共有を除いて連帯債務者になる人の収入については、
公的証明書が必要になります。

 

住宅ローン控除についてはどうなりますか?

 

連帯債務者は、債務を返済した部分については
住宅ローン控除が受けられます。

 

なので、貸主に年末の
借入金残高証明書の受領を依頼しておきましょう。

 

とはいえ、住宅ローン控除というのは税額控除制度ですから、
無収入の場合には利用できませんので注意してください。

 

スポンサーリンク