共有登記ができる条件は?

公庫融資の共有登記ができる条件には

どのようなものがありますか?

 

公庫融資の共有登記ができる条件については、次のようになっています。

 

■共有名義の範囲
・申込本人の親族と配偶者
・申込本人の配偶者の親族
・申込本人の内縁関係にある人
・申込本人の婚約者

 

■共有者の同居
・共有者が申込本人と同居すること

 

※ただし、連帯債務者にならない申込本人の直系親族の人は
同居しなくても共有できます。

 

■申込本人の共有持分
・申込本人の共有持分が2分の1以上あること

 

※ただし、申込本人と連帯債務者の持分の合計が2分の1以上あれば差し支えありません。
この場合も、申込本人は必ず持分を持つことが必要になります。

 

■抵当権の設定
・すべての共有持分に公庫の第1順位の抵当権を設定します。

 

■担保提供者
・担保提供意思の確認手続は、融資承認通知書発行後から融資の契約時までに
担保提供者が来店の上、所定用紙に自著・実印の押印が必要になります。

 

バルコニーとは

どのようなものですか?

 

バルコニーというのは、西洋建築で、
2階以上の外壁から屋外に向けて張り出してつくった
手すり付きの露台のことです。

 

また、バルコニーは、見晴らし場、休憩場、
室内生活の延長として利用できる屋外床のことをいいます。

 

スポンサーリンク