団体信用生命保険の活用法と注意点は?

団体信用生命保険の活用法には

どのようなものがありますか?

 

団体信用生命保険は、借主に万が一の事があっても、
残った債務が保険金で支払われるので、
残された家族に残債務の請求がくることはなく安心です。

 

他の生命保険には加入している
といった理由で加入しない人もいるようですが、
残された家族の生活費として使うこともできますので、
団体信用生命保険への加入はぜひしておきたいものです。

 

ちなみに、最近は、三大疾病付(がん、脳卒中、心筋梗塞)
の団体信用生命保険もあります。

 

団体信用生命保険への加入に際し

何か注意点はありますか?

 

次の点に気をつけるようにしてください。

 

●親子リレー返済の場合、
団体信用生命保険は、住宅金融支援機構では、
親か子のどちらか1人が加入すればよいことになっています。

 

この場合、加入していない方が死亡したときには
債務の弁済はできません。

 

ただし、夫婦ペアでの連帯債務者の場合は
「デュエット」によって2人とも団体信用生命保険に加入できます。

 

一方、民間住宅ローンでは、
親子リレー返済の場合は子だけが加入となっています。

 

また、「デュエット」については採用されていません。

 

●団体信用生命保険は、借入申込時に加入できます。

 

ただし、金銭消費貸借契約後の加入と返済途中での変更はできません。

 

スポンサーリンク