保証料の有無は?/フラット35、財形住宅融資、民間住宅ローン...

フラット35では保証料は

どうなっているのですか?

 

住宅ローンは、個人に長期で多額の資金を貸し付けるため、
その返済も確実にしなくてはなりません。

 

そのため、従来採用していた連帯保証人制度というものは廃止され、
保証機関に保証を委託する制度に移行しています。

 

フラット35は民間金融機関の窓口を通じて借りられますが、
保証料込みの金利が採用されていますので、
同じ窓口で取扱っている住宅ローンよりも借りやすくなっています。

 

財形住宅融資は保証料は

どうなっているのですか?

 

財形住宅融資は住宅金融支援機構の
窓口を通じて借りられますが、
保証料については、保証要件を廃止して
金利に0.2%を上乗せしてすませています。

 

ただし、財形住宅融資を企業が導入していないため、
財形住宅金融会社を通じて借りる場合には、
借入期間や金額により保証料が請求されますので注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

 

民間住宅ローンの保証料は

どうなっているのですか?

 

民間金融機関の住宅ローンについては、
指定された保証会社が保証をしますので、
原則として保証人は不要ですと表示されています。

 

また、保証委託に伴う保証料については、
内枠方式(保証料利息組込み方式)と
外枠方式(一括前払い方式)の選択型があります。

 

内枠方式(保証料利息組込み方式)とは

どのようなもの?

 

内枠方式では、
融資金利に0.2%を上乗せして支払いますので、
融資時点における必要経費が少なくなります。

 

また、金利の表示は保証料内枠方式とされます。

 

ちなみに、年収に占める年間返済額の割合によっては、
借入時に保証会社へ保証料を支払う場合もあります。

 

また、不動産会社などとの提携住宅ローンでは
利用できませんので注意してください。

 

なお、この内枠方式は、
すべての金融機関にあるとは限りませんので、
事前に金融機関への問い合わせが必要です。

 

外枠方式(一括前払い方式)とは

どのようなもの?

 

外枠方式での保証料の支払いは、
借入金額、借入期間、返済方法、
年収に占める返済額の割合等によって保証料が異なります。

 

また、金利の表示は保証料外枠方式とされますが、
内枠方式よりも金利は低くなっています。

 

スポンサーリンク