ボーナス返済はどのくらいが適当?/マイホームを売却するときのポイントは?

ボーナス返済の上限は

どのくらいですか?

 

住宅ローンの返済では毎月払いだけではなく、
一定の条件によりボーナス返済も認められています。

 

具体的には、フラット35と財形住宅融資では、
融資金額の40%を上限に、
フラット35は1万円単位、財形住宅融資は50万円単位で、
ボーナス返済が認められています。

 

また、民間住宅ローンでは、融資金額の2分の1を上限に、
10万円単位でボーナス返済が認められています。

 

ボーナス返済に片寄るのは

危険ですか?

 

ボーナス時に増額返済をするという
片寄った返済計画はとても危険です。

 

なぜなら、最近は、給与体系に年俸制が導入されたり、
ボーナスの支払いが業績連動型になったり、
また、転職やリストラなどの影響による収入減など、
給与体系や収入状況に変化がみられるからです。

 

このような借りる時点と返済時点での給与体系の変化を考えると、
ボーナス時に増額返済するという返済計画では
支障をきたす可能性があります。

 

よって、健全な返済計画としては、あくまでも基本は毎月払いにし、
ボーナス払いは不足分を補うような返済にするとよいと思われます。

 

マイホームを売却するときの

ポイントは?

 

マイホームを取得する際には、いざというときに売ることができるか、
または、貸すことができるかという視点も重要になってきます。

 

売るにしても貸すにしても、
最もポイントになるのは立地といえます。

 

なぜなら、立地というのは設備や間取りとは異なり、
変えようのないものだからです。

 

具体的に有利な立地とは

どのようなものですか?

 

一般的には、周辺環境とのバランスはありますが、
都心の駅から8分くらいの場所は有利であるといわれています。

 

スポンサーリンク