ライフステージの変化に合わせた返済計画とは?

ライフステージの変化に合わせた

返済計画とはどのようなものですか?

 

住宅ローンは、生活しながら返済していくものですので、
借主のライフステージからみて
無理のない借り方・返済の仕方が望まれます。

 

たとえば、年収の25%負担率であれば心配ないなどといっても、
通常返済なのか、年収の伸びはどれくらいなのかなどの条件によって、
ライフステージでの
無理のない借り方・返済の仕方は変わってくるからです。

 

現状では十分返済可能であると思っても、
年収の伸びが期待できない昨今の状況を考えると、
生活の基盤を失うほどの無理な借金だけは避けたいものです。

 

スポンサーリンク

 

生活設計を織り込んだ

返済計画とは?

 

長期の返済でも、
元金を減らし一定金額を返済することができる、
低利で長期の返済方法が理想的です。

 

こうした返済方法であれば、
子供の教育費や老後資金にも余裕が出てくるはずです。

 

これから金利は

上昇するのでしょうか?

 

金利動向は、
毎月の返済や将来の返済にも影響を与えるので、
住宅ローンを利用する人にとっては、
とても気になるものだと思います。

 

通常、住宅ローンは長期にわたって返済していくものなので、
安定した返済計画が立てられるようにと
長期固定金利で低利を希望する人も多いようです。

 

ちなみに、平成18年3月に
日銀がゼロ金利政策の量的緩和を解除したことから、
全面的な金利の上昇が見られ、
その後も上昇したまま推移しています。

 

一般的に、資金需要は景気の動向と関係しているので、
資金需要が多くなれば金利が上昇し、
少なくなれば金利は下降します。

 

また、金利の上昇は早く下降は遅いとも言われています。

 

特に、住宅関連の長期固定金利は、
長期固定応募利回りの上昇や財投金利に連動しやすいですから
注意してみていくことが重要です。

 

スポンサーリンク