住宅ローンの決定は販売業者に左右される?

住宅ローンの決定は住宅販売業者に

左右されるのかについて

 

旧公庫では、平成17年8月にインターネットで住宅取得予定者、住宅ローンの利用予定者、住宅取得者に「住宅ローンの利用と返済に関する事項」のアンケート調査を実施しました。

 

この結果は次のような内容だったのですが、借りる段階になって住宅販売業者のセールストークで意志決定を行ったのでは?というケースも目立っています。

 

■住宅ローンを組む前は、大多数の人が「どの住宅ローンを利用するかは自分で決める」
と答えているのですが、実際の利用者に聞いてみると住宅販売会社の勧めで借りた人が多いです。

 

■住宅ローンを組む前は、返済期間は30年以下を希望する人が大多数なのですが、
いざ利用する段階では35年に集中しています。

 

■住宅ローンを組む前は、全期間固定型を希望する人が半数以上なのですが、
いざ利用する段階では金利が高いということもあって、固定期間選択型や変動金利型
などの低金利のタイプを選択する人が大半を占めています。

 

■住宅ローンを組む前は、住宅ローンに関する情報の入手先は金融機関やインターネット
と答える人が多かったのに対して、いざ利用する段階では、住宅販売会社から情報を入手した
という人が半数以上になっています。

 

■住宅ローンの返済について、返済中の金利変動に伴う返済額の増減に不安を抱いている
という結果になっています。

 

なお、マイホームの取得というのは人生において最も高い買い物ですから、理想としては、人に促されるのではなく、
将来の返済能力や人生設計等をよく考えて、自分で納得して借りたいものです。

 

スポンサーリンク