住宅の取得にかかる頭金以外の諸費用は?

マイホームの取得にかかる頭金以外の

諸費用はどのくらいですか?

 

基本的に住宅ローンの借入条件というのは、
購入価格(建設費)の80%以内ということですから、
その差額20%を頭金として用意すればいいわけです。

 

しかしながら、住宅を取得する場合には、
購入価格以外に様々な諸費用がかかってくるので、
実際にはそれ以上の資金を用意する必要があります。

 

では具体的にいくら必要なのかというと、
これは購入物件の種類や価格によっても異なるのですが、
目安としてはざっと170〜200万円程度と考えてよさそうです。

 

ちなみに、万一の場合には、
諸費用ローンというものもありますので、
一時的に利用するのも一つの手です。

 

頭金以外の諸費用の

特徴はどのようなものですか?

 

旧公庫の平成14年版融資申込み案内書の中に、
「住宅取得に伴う諸費用一覧表」というのがあるのですが、
諸費用については次のような特徴が見られます。

 

■不動産業者を通して取得する中古住宅などの仲介物件では、
仲介手数料が取得物件価格の3.15%+6万円程度かかるので、
費用負担が大きくなります。

 

■借入金額が大きいほど、保証料の負担も大きくなります。

 

■一戸建て住宅の場合は、水道施設利用のための水道加入金などがあります。

 

■住宅建設の場合は、新築に伴う雑費がかかります。

 

■新築マンションでは、修繕積立金の支払いがあります。

 

スポンサーリンク